読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティティログ

プレイしたゲームについてテキトーに。

今日のドラクエ10(8月16日)

今日もVer3.0のストーリーを進めていきます。

ネタバレ注意です。

 

Ver3.0:ドルワームのストーリー

おつかい編

前回はヴェリナードの王子が狙われましたが、

今度はドルワームの王族が狙われるだろうとのことです。

早速行ってみると、すでにラミザ王子の護衛はバッチリ。

双子の王女である怪盗ポイックリンことチリも居ました。

さらに万が一さらわれた場合を想定し、

王立研究所の院長ドゥラ君が発信機を開発中とのこと。

ドゥラ君のもってる発信機の追跡装置、

どうみてもドラゴンレーダーですね@@

 

しかし、要となる部品が一つ足りないとか。

その話をしていると、

チリがダストンのガラクタ城で

そんな部品を見かけたと発言。

僕とドゥラ君とチリの3人でガタラへ向かうことに。

というわけで、

おつかいクエスト発生です。

 

 【怪盗ポイックリン=王女チリ】

f:id:DQ10playerTT:20160816200429p:plain

 

車窓編

無事おつかいを果たすと、

イヤリング型発信機が完成。

早速チリが装着します。

しかし、帰りの汽車に刺客が現れます。

恒例となった魔物召喚。

 

 【世界の車窓から:ドルワーム編】景色観るの楽しい(戦闘無視)

f:id:DQ10playerTT:20160816201720p:plain

 

無事に魔物を倒し終えましたが、

ゼルダの伝説特有の炎の壁を張られてしまいます。

これでは近づけない><

結局、王女はさらわれてしまいました。

いつも成り行きで警護を任されてますが、

無事任務完了したことあるんですかね?

 

王女奪還編

気を取り直し、

発信機をたどって王女のもとへ。

そこにはあられもない姿になった王女が!?

というわけでもなく、普通に倒れてました。

しかし、敵の様子がおかしい。

なんか腕から蛇をだしてダウジング

具現化系能力者でしょうか?

すると、どうやらさらう相手は

王女ではなくダストンだったもよう。

そして性懲りもなく魔物を召喚。

しょうがねぇなぁ(悟空)

いっちょやってみっか。

 

 【魔獣キンタウロス(命名)】キ◯タマとタウロスをかけました

f:id:DQ10playerTT:20160816203133p:plain

 

 

いつも通り適当にあしらうと、

敵は尻尾を巻いて逃げていきます。

そこに王女が起き上がり、

相手のフードに発信機をシュート!

僕もこれぐらい機敏に動きたいものです。

キャラクリで作った主人公って、

大抵がストーリー中に棒立ちになるんですよね。

なんとかなりませんかね@@?

とまあ、その話はおいといて。

これで敵の居所が掴めますね。

ドルワームに帰って発信機を追跡してみると、

どうやら敵はエルトナ大陸の世界樹の丘に向かったようです。

 

これでドルワームのストーリーはおしまい。